SELECTED ENTRIES
RECOMMEND
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

ゴダイゴ (Godiego) Database

ゴダイゴ(GODIEGO)は1976年に結成されたポップ/ロック・バンドである。
日本を中心に活動し、78〜79年には「ガンダーラ」や「モンキー・マジック」等の大ヒットでブレイク、日本のヒットチャートに英語の歌詞を取り入れた曲を何曲も送り込み、しかもそれが小学生等の子供達に支持されるという特異な現象を生み出した。
85年に活動を停止したが、99〜2001年に期間限定で再結成、2006年に本格的に再始動し、現在に至っている。
<< コメディー公園通り 娘ひとりにパパ二人 | main | ゴダイゴ Live at 岩手県民会館 (Celebration Tour) >>
" GUITAR WARS in Hibiya" at 日比谷野外音楽堂
0

    1978年10月10日(火)
    音楽雑誌「ヤングギター」(シンコー・ミュージック刊)主催のロック・ギタリストをフィーチュアしたロック・フェス「Young Guitar Festival " GUITAR WARS in Hibiya"」が、日比谷野外音楽堂で行われた(プロデューサーは同誌の山本隆士)。
    出演は、
    チャー with ゴダイゴ
    Bow-Wow (山本恭司/斎藤光浩 他)
    山岸潤史
    高中正義グループ
    クリエイション (竹田和夫/森園勝敏 他)
    金子マリとバックスバニー (永井充男 他) 
    という豪華なラインナップだった。
    この時の様子は、「ヤングギター」1978年12月号でレポートされている。
    記事内ではやはりギタリストがフィーチュアされていて、浅野氏がブラウン・サンバーストのグレコのストラトを弾く写真が2枚掲載されている。
    この時の演奏が、78年夏に活動した、所謂 "チャー with ゴダイゴ"の最後の演奏である。
    楽屋にはルイズルイス加部が来ており「こんどチャーとハード・ロック・バンドをつくるんだ。」と言っていたと、当日司会を務めた近田春夫が雑誌のレポートで語っている。
    78年8月の武道館でのライブと同様、セットリストにはかなりのゴダイゴのナンバーが含まれてる(2/4/5/6/10)。
    しかも、4〜6はゴダイゴ単独の演奏である。
    01. Tokyo Night
    02. Monkey Magic
    03. Tomorrow Is Coming For Me
    04. Somewhere Along The Way
    05. Under Under Ground
    06. Steppin' Into Your World
    07. The Leading Of The Leaving
    08. Thrill
    09. You Got The Music
    10. Celebration
    11. Shinin' You Shinin' Day
    12. Smoky
    この日はMC・演奏共にかなりチャーのテンションは高かったらしい。 特に「シャイニン・ユー〜」の途中では、8月の「24時間テレビ」でのライヴを上回る勢いで観客を煽りまくっていた。
    タケもセレブレイションの前のMCでは「ノッてる?元気ないぞ!ノッてる?!!」等と観客を煽っている。 
    ミッキーのキーボード・ソロは、ゴダイゴの曲ではまだバランスを意識したプレイだが、アンコールの「スモーキー」ではもう遠慮なしのワイルドなプレイだった。

    チャーとゴダイゴの演奏の詳細は、チャーの国内最大級ファンサイトである"TACTFUL WALRUS's Char" (http://www.asahi-net.or.jp/~BZ2S-ASI/ch781010.htm)を参考にさせて頂いている。

     

    表紙

     

     

     

     

    | ゴダイゴ-Chronicle | 00:00 | comments(0) | - | - |